団体信用生命保険

トータルで子どもが出したお金に見合った持ち分になっていないと贈与税の対象となるので、事前に税務署へ確認しておくと安心です。団体信用生命保険については、親子の片方だけが加入する、半分ずつ加入するなど、金融機関によって取り扱いはさまざまです。民問の保険も利用して、どちらかに何かがあっても困らないよう備えましょう。1つのローンを親子の間で引き継ぐ親子リレー返済に対して、1つの物件の費用を支払うために家族の中で複数の人が別々にローンを借りる方法が家族ペアローンです。親子リレー返済の場合には、最初に親がローンを返済し、それを子どもが引き継いで返済していきます。1つのローンを引き継ぐため、契約書は1枚です。一方、家族ペアローンでは、家族の中で複数の人が別々に住宅ローンの申し込みをして、それぞれが返済をしていきます。こちらは別々にローンを借りるため、契約書は2枚になります。家族ペアローンは、それぞれが現役で働いている親子や、共働き夫婦などにぴったりのローンです。ただし、どちらか一方が仕事を辞めてローンの返済ができなくなった場合に、相手のローンまで1人が払い続けると、贈与の問題が起きかねません。そうなる前に、登記の書き換えやローンの見直しをするようにしましょう。家族ペアローンを利用すれば、お互いの借入金額や毎月返済金額、持ち分などを明確にできます。これが後々のトラブルを生みにくくする、という点は大きなメリットでしょう。さらに、ローンを2本別々に借りるので、親子リレー返済よりもまとまった資金の融資を受けやすくなります。その上、ローン契約者がそれぞれ住宅ローン減税を利用できるので、場合によっては節税効果が大きくなるかもしれません。また、団体信用生命保険にもお互いが別々に加入できるので、どちらかに万が一のことがあっても残された人が相手のローンを引き継ぐ心配がありません。年収の基準に満たなくて住宅ローンが借りられないときに役に立つのが、「収入合算」の考え方。ローン申込者の収入に妻などの収入の一部を合計した収入で審査が受けられます。最近は、夫婦2人で力を合わせて住宅ローンを返していこうという家庭が増えています。そこで知っておきたいのが、夫婦の収入を合わせて住宅ローンを借りることができる「収入合算」の方法です。そもそも、住宅ローンが借りられるかどうかは、ローン申込者の収入と深いかかわりがあります。